令和元年 蒔田連合防災訓練

 9月1日(日)9:30~蒔田公園で、震災発生時における迅速、的確な防災活動や隣近所の助け合い精神及び防災意識の向上を図る目的で、蒔田連合の住民・南区役所・南消防署蒔田出張所・南消防団第三分団・家庭防災員が集まって行われました。

 水消火器での消火訓練、毛布を使った簡易担架作成と搬送訓練、AED(自動体外式除細動器)使用訓練、起震車による震度7体験などを行いました。

令和元年度 ミニ集会「児童虐待の理解と対応について」

 8月5日(月)19時~蒔田コミュニティハウスで、蒔田地区ミニ集会が開催されました。茅野連合会長、島田蒔田地区保護司会長、岡本南保護司会会長のご挨拶の後、保護司による”社会を明るくする運動「内閣総理大臣メッセージ」”朗読がありました。

 講演は南区こども家庭支援課長より「児童虐待の理解と対応について」で、昨今ニュースでも悲惨な児童虐待が報じられているが、一人でも虐待から救えるようにとのお話でした。虐待には、①身体的な虐待②性的虐待③ネグレクト④心理的虐待に大分される。虐待であるかどうかは、子どもの側に立って子ども自身が苦痛と感じているかどうか?なのだと。子育ても一人で悩まず、また近隣・地域も虐待かな?と思ったらまず区役所などに相談して下さいとの事でした。

令和元年 蒔田地区懇談会

テーマ「おもてなしのまちづくり」

 今年度の地区懇談会は、5月10日(金)19:00~蒔田コミュニティハウスで開催され、南区長他行政の担当者と蒔田地区の各町内会長や住民59名が集まり、第一部では、まず蒔田中学校の「あいさつ運動」がビデオで紹介されました。生徒会が中心となって朝のあいさつを積極的にするようにしたら、学校全体が良い雰囲気になった。次に、共進町一丁目町内会の古庄さんが共進第一公園(いなげや前の公園)で町内会の皆さんで花などの手入れをしたり、公園でビールの空き缶を放置している人にやさしく声をかけたら改善された話がありました。どちらも顔の見える関係が築ければ良い方向に向くという例です。

 第二部はグループ討議で、各町内会での活動の様子を話しました。町内会館や公園もない・どの行事でも集まる人が同じ・盆踊り大会に親子や友人で参加して輪が広がったなどさまざまな報告があり、「顔の見える関係」がやはり大切になるという事でした。

蒔田コミュニティハウス自主事業                                                           「お米と海苔!知ってマイスター」

~地下鉄蒔田駅新光商栄会、街ゼミ、蒔田社協「あかいくつ」との共催~

  11月6日、横浜屋・乾海苔店が主になって、あかいくつのお母さんやスタッフなどを対象にお米と海苔の講座(試食)を開きました。

第1部 お米講座

      お米の栄養・保存方法・洗い方など

第2部 海苔講座

      海苔の産地による味わいの違いなど

第3部 おにぎり講座

      ヘルスメイトさんによるおにぎり(三角おむすび)の上手な握

      り方

第4部 おにぎりの試食とまとめ