令和3年度 共進中学校地域防災拠点訓練

 昨年は新型コロナウイルス感染拡大防止のために行われませんでしたが、今年は規模を縮小して(各町内会自治会・各団体代表者2名)11月21日(日)に実施しました。

 開会あいさつの後、体育館内で避難時のテント張りの訓練をしました。テントは2種類で、着替え用にもなる1人用のテントと1世帯に1つ割り当てられる4名用のテントです。どちらもポップアップテントなので広げるのはワンタッチですが、皆さん収納に苦労していました。間仕切りには蛇腹のダンボールを水の入ったペットボトルで固定します。これらを使えればプライバシーも大分守られストレスも軽減されるのではないかと思いました。

 終わりに倉庫に備蓄してあった賞味期限が近づいた水を町内会にもらって帰りました。

R3 《ハロウィン》 宮宿花一・二丁目

 今年も町内会ハロウィンを開催しました。(10月31日)例年以上の大盛況!130人余の子ども達が町内13箇所のチェックポイントをめぐりました。お天気も丁度良く、雨の降り出す前にみんな回り切りました。ご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。(役員)

つながり清掃ウォーク R3

 5月22日(日)、南区内の各地で「つながり清掃ウォーク」が同時に行われ、蒔田地区では、東蒔田第一、宮宿花一・二、宮花宿三・四、榎一町内会の約80名が各町内から蒔田公園を目指してごみを拾って歩きました。松山区長、富井副区長らも同行しました。

 東京五輪・パラリンピックの前に、おもてなしの心や地域の連携感を育むための企画で、今回で4回目。参加者は感染対策をしながら活動しました。

令和3年度 蒔田連合町内会総会

 4月22日18:30~蒔田コミュニティハウスで、蒔田連合町内会令和3年度総会が開催されました。最初に蒔田地区社会福祉協議会の総会が開催され、令和2年度の活動報告と収支決算報告、令和3年度の活動計画と収支予算が承認されました。また、南区社会福祉協議会の事務局次長より第4期地域福祉保健計画についての説明がありました。

 次に、蒔田連合町内会総会で、令和2年度の活動報告と収支決算報告、令和3年度の活動計画と収支予算が承認されました。

 会の始まりには、蒔田小学校・蒔田中学校・共進中学校の先生方より挨拶がありました。

 

《蒔田公園・近辺見守りパトロール》

 12月4日(金)・21日(月)、蒔田連合の各町内会・自治会の代表者や蒔田生活安全母の会のメンバーなどが2班に分かれてパトロールを行いました。

《蒔田の森公園樹名板作り》 令和2年11月28日(日)

 

 1128日 蒔田の森公園で「樹名板作り」が公園愛護会、南区環境事業局、南土木事務所主催で行われました。

 近隣の町内から親子が30名ほど参加。南土木事務所の職員さんに教わりながら、木板を焼いて磨き、一人ずつ公園にある樹木の名前を書き入れました。ペンキが乾いたらその木に取り付けます。実際に木を見て初めて大きさや形が分かっ子どもも、「自分が書いた樹名板が公園にあるのが嬉しい」とお話する参加者もいました。

 樹名板づくりを通して樹木や公園に親しみを感じてくれたかな。皆さんも蒔田の森公園を訪れた際は、探してみてくださいね。

 

 

《ハロウィン》

共進町1丁目町内会

 諸般の事情によりハロウィンの行事は11月初めに行いました。

 町内会館にて児童幼児21名を7チームに分け、密にならないようにくじ引きや写真撮影を行いました。

 コロナ禍でなかなか集まることができず、役員4人でLINEを利用し行事計画を立てました。例年通りにはできない行事のため、子ども達の安全を配慮し、その中でも楽しんでもらえるように工夫しました。

 手作りフェイスシールドキットを事前に配布し自宅で製作して当日使用しました。安全性と楽しさの両立で、大変好評でした。

 また、参加できなかった子ども達にもお菓子と雑貨を配り、少しでも楽しんでもらえるように工夫しました。

 今年度最初で最後の行事でしたが、子ども達の笑顔に、開催して良かったなと感じました。                 (子ども会会長)

宮宿花一・二丁目町内会

  新型コロナウイルス感染拡大で、2月より町内会子ども会の行事は中止となりました。このような状況の中、子ども達が楽しめるイベントが何かできないかと考え、短い夏休みの1日蒔田公園全体を使いゲーム形式の縁日を行い、第2弾として10月25日(日)ハロウィンイベントを実施しました。

 このハロウィンは5年前、町内の有志により始まったイベントで、町内の商店、飲食店、介護施設、NPO法人、町内会長宅、蒔田公園など約10か所にポイント地点を設置し、子ども達が町内を歩き回り、「トリック・オマトリート!!」「ハッピーハロウィン♪」の合言葉でお菓子をGETします。当初まだ浸透していなく参加者もまばらでしたが年々人数も増えていき、今年は子どもの人数だけでも70名を超しました。

 有志で始まったこのイベントは町内会の文化部の協力を得、子ども会に引き継がれ、町内会の皆様に交通安全パトロールや、ポイントの待機に協力をしてもらっています。

 このように町内のお店を知ること、各ポイントにいらっしゃる方やパトロールしていただいている皆様と「こんにちは」「ありがとう」などとふれあいをもつこと、そして何より参加してくれた子どもや保護者の皆さんが楽しんで下さることを目的としています。

                         (子ども会会長:工藤こずえ)