2019 まいたギネスに挑戦!『長ーい太巻きを作ろう!』

 11月10日(日)午前、蒔田コミュニティハウスで、蒔田地区社会福祉協議会と蒔田連合子供会の主催、蒔田連合女性部と蒔田コミュニティハウスの共催で、長ーい太巻きを作り、まいたギネスに挑戦しました。できあがった太巻きは、なんと10m77㎝でした。会議室がちょっと狭いので、テーブルを斜めに6台並べて作りました。

 まずはみんなで中に入れる具の準備です。5年生は包丁で厚焼き玉子ときゅうりを切り、小さい子たちはかにかまぼこを1本1本フィルムから出して準備。ご飯は女性部の皆さんが炊いてすし酢も用意。熱いご飯にすし酢を混ぜる時は、子どもたちがうちわであおぎ酢飯の完成です。

 いよいよ巻きです。乾海苔店のご協力で長ーい巻きすをお借りしラップを敷き、のり・酢飯・具(かんぴょう・桜でんぶ・きゅうり・厚焼き玉子・かにかまぼこ)をのせ、号令をかけてみんなで一斉に巻いて長ーい太巻きの完成です。

 自分が作った所を切ってもらい、おすましと一緒に試食。みんな

「美味しー!!」と頬張り、残りはお土産に持って帰りました。地域の皆さんのご協力で子どもたちの笑顔が見られました。ありがとうございました。

第4回 蒔田理科クラブ

 8月5日10時より蒔田コミュニティハウスにて、蒔田地区社協主催の第4回蒔田理科クラブを開催し、小学2年生から6年生まで23名と、中学生1名が参加しました。

 今回は2020年度より文部科学省の指導にて小学校で始まるプログラミング教育を先取りし、いつもの日立横浜理科クラブの先生方のご指導で、プログラミングカーを作りました。始めは「プログラミングって何だろう?」「難しそうだな!」と心配そうだった子供達も、先生方の丁寧な説明で理解し、組み立てていきました。付き添いのお父さんお母さんも熱心に覗き込む様子が印象的でした。 

 モータカ-完成後は自分でプログラミングした車がどのような動きをするか確かめながら、満足そうに動かしていました。後日キッズクラブの先生から、”僕も参加すれば良かった” と言う子が大勢いたと聞きました。来年は何りましょう?

第7回蒔田中学校と地域の皆さんとの交流会

蒔田中学校と地域の皆さんとの交流会を、7月23日に開催しました。

茶道部の生徒さんのたてた抹茶を味わったり、将棋部の生徒さんと盤上で熱戦を繰り広げたりと、皆さんそれぞれに楽しまれていました。南太田小キッズクラブの子供達20名も参加、半数近い子が中学生と将棋対決をしました。

H31《 蒔田ふれあいフェスタ 》

 2月24日(日)蒔田コミュニティーハウスで、蒔田地区社協が「蒔田ふれあいフェスタ」を開催しました。

  今回は、「和」をテーマにお雛様を飾り、子どもも大人も、見て・作って・食べて楽しめるイベントで、大勢のお客さんで賑わいました。

 演芸ひろばでは、快眠亭大福さん・ふじ家ちょこさんによる落語、けん玉パフォーマンスチーム荒瀬(藤ノ木小・南小)によるけん玉ショー、食事サービスやまゆり会の手話コーラス、NPO法人NORAの三吉さんによる昔懐かし紙芝居、渋谷さんによるスコップ三味線、北川ご夫妻のお箏と尺八の発表がありました。

 手作りひろばでは、可愛い万華鏡、ステキな紙を使ってのポチ袋づくり、フェルトを使った干し柿づくりの手芸、折紙コーナーでは人気のくまモンとすぐに役立つピンクリップを折りました。

 体験コーナーでは、1分間で何コの豆を塗り箸でつかめるか?豆つかみ選手権、けん玉も体験させてもらい、森のコースターづくりでは、NORAさんのご協力で輪切りの木に思い思いの絵を描き、世界に一つだけのコースターを作りました。

 茶の湯体験コーナーでは和菓子”万葉の華”とお抹茶をいただきました。初めての体験という方も・・・

 おにぎりコーナーでは、蒔田連合女性部による炊き込みご飯のおにぎりとかきたまのすまし汁が美味しかったです。前日からの仕込み、お疲れ様でした。

 皆様のご協力で大いに盛り上がりました。ありがとうございました。